足のしびれの原因

あなどれない足のしびれについて

足のしびれは正座などでしびれる以外に病気のサインである場合もあります。神経が圧迫されて起こるしびれは、椎間板ヘルニアなどが疑われ、血流が阻害されて起こるしびれは糖尿病などの可能性があります。

メインイメージ

足のしびれの原因

足のしびれは日常生活において不快ではありながらも軽視されがちです。

長い時間正座をしていて足がしびれるという血流が阻害されて起こる単純なしびれもありますが、重大な病気のコールサインである場合もあるので注意が必要です。

しびれと一口に言っても、神経性のもの血管性のものの大きく二つに分けられます。

神経性のものはどこかの神経が圧迫されおこるしびれで椎間板ヘルニアなどの神経障害が疑われます。

血管性のものは血管内に何らかの障害があり血流が阻害されて起こるしびれで糖尿病などの代謝性疾患が疑われます。

病気が原因のしびれ以外にはカルシウム不足が原因で足のしびれの症状が出ることがあります。

この場合は牛乳やチーズ、小魚やレバーなどカルシウムを多く含む食品を摂取すれば改善されます。

また妊娠中も足のしびれの症状が現れることがあります。

胎児の成長に伴い子宮が大きくなり、下半身の神経を圧迫するために起こる症状で特に心配することはありません。

カルシウム不足や妊娠中の症状は適切に対処すれば問題ありませんが、病気が原因の場合は放っておくと大事に至ることもあるので、しびれ感が続くような場合はたかがしびれとあなどることなく病院の診察を受けた方がよいでしょう。

◆参考にどうぞ:http://www.mglserviciotecnicomadrid.com/