2017
10.13

ニキビは毛穴が皮脂などで詰まることにより発生しますが、対処がうまくいかずニキビ跡として残ってしまう事も少なくありません。

【参考:ニキビ跡について】http://www.cinderellasranch.com/

ニキビが出来る要因は様々で、アクネ菌やホルモンの過剰分泌、食生活でのビタミン不足などがあります。

他にもストレスで自立神経が乱れてしまう際もニキビは発生し、ニキビは体が危険信号を送っている状態とも言えます。

特にストレスは体にも直接影響を与え、自律神経の乱れは心身共に悪影響をもたらしていき、さらなる不調が重なっていきます。

そういった自体を改善する為には、生活自体の見直しをしていく必要があります。

まずは皮膚を清潔に保ち、スキンケア用品を活用するなどニキビの炎症を改善する為にケアをしていきます。

角質が毛穴に詰まる場合もありますし、ピーリングなどで角質を落としていくのも良いでしょう。

アクネ菌もニキビの原因になりますので、皮膚科を受診し抗菌剤を処方してもらうなど外用治療で改善する方法もあります。

重度のニキビが発生している場合は抗生物質を服用しなければいけない場合もありますので、皮膚科に受診し治療方法を確認していきましょう。

自分だけで対処しようとしても限界があります。

ニキビが出来てもすぐになくなっているという人ならわざわざ皮膚科に通う必要はありませんが、ニキビが無くなってもすぐ新しいものが出来たり、中々治らないという人は自分で何とかするという範囲を超えてしまっていると考えるべきでしょう。

治らないニキビに悩んでいるよりも治療として対処を委ねた方が賢明です。

時間もかかる事から病院への敷居を高いものと考える人も多いのですが、治療時間など考慮すれば皮膚科を受診した方が早期に改善しますし、効率は良いのです。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.