2017
10.22

ニキビは皮膚科を受診しビタミン剤や抗生物質、外用薬の塗布などで改善は容易ですが、根本的に改善していく為には生活習慣を見直していく必要があります。

思春期などで男性ホルモンの過剰分泌が原因である場合は時期が過ぎればニキビも自然に改善されていきますが、生活習慣が原因である場合はそうそう改善する事はありません。

皮膚科で治療を受けたとしてもビタミン不足など生活習慣に問題がある場合が、発生しやすい土壌がある事は変わりません。

その為、病院受診も良いのですが何に原因があるのか医師と相談し解決策も検討していきましょう。

皮脂や角質が毛穴に詰まった結果炎症を起こし、ニキビは発生します。

通常の状態ではニキビは出来ませんので、スキンケアやバランスの良い食生活をしていく事で改善は可能なのです。

まれにホルモン異常などが原因である場合もありますので、生活習慣の改善のみでは解決が困難な場合もあります。

皮膚科を受診する事はそういった自力では解決困難な場合であるかどうか、確認する事も目的の1つです。

またニキビの排膿もやり方を間違えてしまうと跡が残ってしまう場合もありますので皮膚科に依頼した方が確実です。

またビタミン不足も皮脂の分泌過剰の原因になりますので、食生活の見直しもしていきましょう。

ニキビは病気が原因である場合もありますが、生活習慣が原因である場合が多いです。

生活を見直していく事で皮膚も綺麗にしていく事が出来ますので、全ては自分次第なのです。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.