2017
10.30

ニキビは毛穴が皮脂や角質で詰まる事で発生しやすい状態ですが、ニキビには原因となるアクネ菌があります。

このアクネ菌は赤いニキビが発生する原因にもなっており、皮膚科で殺菌成分のある薬を処方してもらう事で改善する事が出来ます。

抗生物質系のクリームやローションが広く使われており、定期的に使用する事で改善していく事が出来ます。

またニキビは皮脂が過剰に分泌される事で出来やすいものなのですが、その原因として男性ホルモンの分泌があります。

思春期は男性女性共に男性ホルモンの分泌が多くなる時期があり、特有のニキビが発生するのですが、大人でもホルモン以上により皮脂が過剰分泌になる場合もあります。

そういった場合は治療が必要になりますので、皮膚科を受診し改善策を検討していく必要があります。

また生活習慣の中でも食生活でビタミン不足である場合もニキビは出来やすいです。

ビタミンは体に様々な効果をもたらしますが、その中に皮膚を正常に保つ役割や皮脂の分泌調整の役割などもあります。

ビタミン不足の状態では皮脂の分泌がコントロールしにくい状態になっていますので,ニキビも出来やすくなってしまうのです。

ビタミンとニキビの関係について詳しくは⇒http://top.tsite.jp/news/beauty/o/37763301/index

ニキビは皮膚を清潔にしていれば改善される事が多いですが、根本的な原因は別にある場合もあります。

そういった場合は病院を受診しなければ自覚出来ない場合も多いですので、ニキビが改善しない場合は病院受診を検討した方が良いでしょう。

病院へ行く手間もありニキビの受診率は低いですが、効率的に改善していく為にはやはり専門医へ相談する事が早道なのです。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.