2017
11.16

ニキビは毛穴の詰まりが原因であり、潰して膿を除去していきますがその都度皮膚に影響を与えていきます。

その為ニキビが多い場合ニキビの跡がクレーター状に残ってしまう場合もありますし、赤みが皮膚に残る場合もあります。

赤みは色素が沈着してしまった事が原因であり、レーザー治療などで改善していく事が出来ます。

この治療方法は皮膚科ではなく美容整形の分野になる部分になりますので、レーザー治療は保険適応が出来ずに自由診療となりますので費用負担は大きなものになります。

クリニックでの診療はレーザー照射を一定数繰り返し、受診を重ねる事で色素はかさぶたになり剥がれていきます。

皮膚科での治療は自然治癒を補助するものですので、跡を改善するなどでは美容整形を考えた方が良いでしょう。

東京など大都市圏ではそういった美容整形を行う良いクリニックが多数集まっていますので、アクセスのしやすいそういったクリニックを選んでいきましょう。

ニキビ跡や色素沈着はターンオーバーなどでは自然回復はしませんので、クリニックでの受診が有効な方法です。

皮膚が新しく再生する事で透明感が増した場合もありますし、肌を気にする必要がなくなりますので、精神的にも楽になります。

また色素沈着した部分は日光を吸収しやすく日焼け止めなどの配慮も必要になるのですが、そういった心配も現象します。

気になる部分を改善するという事は心身ともに楽になる事ですので、その時間を早める為にも早期治療がお勧めです。

こちらも参考に…URL:コンシーラーで隠しきれない「赤いニキビ跡」を効果的に治す方法

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.