2017
11.25

ニキビは現在のニキビをなくすと同時に予防もしていく事が治療の際大切なポイントになります。

ニキビは即発生するものではなく生活習慣の積み重ねの結果出来てしまう場合が多いのです。

特に食生活においてはビタミンAやビタミンB群、ビタミンCやビタミンEの補給が必須です。

特にビタミンEはホルモンバランスを調整してくれますので大切な成分です。

また皮脂の過剰分泌がニキビの原因の1つですので、食生活において脂質の過剰接収や運動不足もニキビの要因になります。

ニキビの原因は1つではなく複合的なものである場合も多いですが、生活の見直しをしていく事でニキビの予防を行い、その結果綺麗な肌に改善していく事になります。

ただしニキビの跡がクレーター状になった場合などはケミカルピーリングなど角質除去が必要になりますので、専門医で対応してもらいましょう。

ニキビは皮膚科で処方される抗生剤やクリームの塗布など対症療法で改善する事は可能ですが、根本的な原因を解決していない場合再発する可能性が高いです。

またスキンケア用品の適正の有無で肌荒れなどが起きている場合もあります。

生活の見直しの他にスキンケア用品の見直しなども行っていくと良いでしょう。

皮膚のバリア機能の改善やオイルカット、皮膚の保護など皮膚を綺麗に保つ為のスキンケア用品は多数販売されていますし、多くはお試しもする事が出来ます。

皮膚科で現在のニキビを改善する方法は根本的な解決になりにくいです。

予防をしていく為にも食生活の見直しと同時に自分にあったスキンケア用品を見つけていきましょう。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.